コーヒーのホップ&ステップ&ジャンプ

投稿者: | 2017/07/04

同業者というと

同じものを売っていて

あっちが売れれば

こっちは売上が減る

 

そう思っている人がいる

 

同業者は同じ商品を

広めていく仲間だ

あっちが流行れば

こっちも流行る

 

そう考える人もいる

 

自分の個性を知っていれば

後者の発想になれるので

仕事が楽しくなりますよ

 

何度も 書いてきているが

コンビニのコーヒーの話し

 

あなたは600円で

本格的なコーヒーを

提供するお店だとします

 

100円の缶コーヒーなどを

のむ人は山ほどいる

 

そんなところに

200円ぐらいで

淹れたてコーヒーなどを

コンビニが売るようになった

 

あなたはどう思いますか?

 

個性がわかってない人は

またお客さんをとられてしまう

そう思うでしょう

 

個性がわかっている人は

 

コーヒーは100円だという意識を

変えてくれることになる!

 

お金を出せば 美味しいものが

手に入ることを わかってもらえる!

 

コーヒーの味に 興味を持つ人が

増えてくれる!

 

このようなことを考えるから

 

100円だから飲んでいた人が

200円でコーヒーの味や香りに目覚めた!

ホップ&ステップですよ

自分の商品に興味を持ってもらう

ジャンプ!

どんなPOPを書けばいいか

楽しくなりますね~!

 

line

小さなお店の「売れる&楽しい」販売促進実践マニュアル
世界最大級のオンライン学習プラットフォームUdemyで公開中です
https://www.udemy.com/hansoku01/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です