sem01

大学で経済・経営を学び、地元スーパーマーケットに入社。積極的に販促等の勉強ができる社風のために店長を務めながら、様々な販促にチャレンジしながら10年間勤める。

sem09

独立後、スーパーで学んだ販促の知識や体験を活かし、地元中小店を対象にホームページやチラシを軸に販促を応援するトムキャットを1997年に設立。

sem06

素晴らしい商品・サービス・技術を持ちながらも、全く売り上げに繋げることのできない商店。大きな夢を持ちながらも形にする術がわからない社長さんなどに出会い、田舎の中小店の企画・情報発信力の弱さを痛感する。

sem02

売り上げを作れないばかりにシャッターを下ろす店、家族離散の憂き目をみる店主、果ては自殺に追い込まれてしまった社長さん。

sem20

そんな中小店右肩下がりの時代に、販促指導によって失われた売り上げと笑顔を取り戻す店や家族を見て、中小店の販促をもっと拡げなければとセミナー活動を展開する。

sem21

商工会などでのセミナー活動、現場での販促指導1000件の経験から、中小店に必要不可欠なエッセンスを著書「販促はじめの一歩(同文舘出版)」にまとめ2014年に出版する。

sem11

田舎の小さなお店の販促を通して「地域からの情報発信」「店・店主・商品のブランド化」に携わる。

sem24

現在は、ふるさと名物研究会を立ち上げ、地域の名物商品の企画販促をバックアップ、セミナーやトークイベント、討論会などで活動中。

 

fmind

セミナー・講師・講演

sem101