安売りのイメージを残さないために

投稿者: | 2017/07/02

値段を安くして売ることは

避けるべきだと思います

しかし

中にはそういう時もあるでしょう

 

そんな時は

テレビショッピングを

参考にして

値下げではなく

お客様の喜びのために

こんな設定をしました!

 

そんな流れにしましょう

 

ご家族みんなで

楽しんでいただくために

もう一本 お付けいたします!

 

例えば 1個1,000円の商品を

750円で売れば

お客様の意識は

その商品は750円になってしまいます

次回から750円じゃないと

買ってもらえません

 

3個で3,000円ですが

これからの暑い日を

快適に過ごしていただくために

ご家族皆さんが

それぞれ持っていた方が

便利ですから

もう1個お付けして

お値段は3,000円のまま

今日だけのオススメ品です

 

コツは

(1)定価を強調しておく

(2)暑い日などサービスする

タイミングであることを知らせる

(3)お客様のためにを強調

(4)期間を限定する

これで

1個750円だったという

イメージは無くなります

 

line

小さなお店の「売れる&楽しい」販売促進実践マニュアル
世界最大級のオンライン学習プラットフォームUdemyで公開中です
https://www.udemy.com/hansoku01/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です